村上の野歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 大日峠を歩く   5月17日  〜 S/K

<<   作成日時 : 2017/06/01 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月17日 大日峠を歩いた。

平成29年5月25日

春 の 大 日 峠
(府屋〜中継〜山熊田〜雷峠〜小名部〜鼠ヶ関)
歩行距離 推定45km

大日峠は車で数回通ったことがあり、面白い姿の山を見たことがある。後日それが摩耶山であることがわかった。新潟県の最北にある大自然を見ながら大日峠を歩くことにした。
行 程
坂町駅⇔電車⇔府屋駅
府屋駅6:50➢9:10中継➢11:05山熊田➢12:20大日峠➢14:05雷峠➢16:25小名部➢18:20鼠ヶ関駅

天気の良い日を狙って、5月17日(水)、坂町駅5:37発の電車に乗り、村上駅で乗換えて府屋駅に6:45到着する。今回の日程は距離が長いのでスタミナ配分と足裏に豆ができないようにスローペースで歩いた。
府屋駅を6:50スタートして街中を歩き堀ノ内・温出も集落内を歩く。小俣橋を渡って塔下を越える。ここからはしばらく集落はありません。荒川口手前から左の道へ入り中継川沿いを歩き中継集落の木陰で一服する。有名になった枝垂れ桜は葉桜となっていた。
中継を少し超えると大代へ通じる林道の標識が左に見えた。中継から山熊田間は集落がない静かなブナ林がとても綺麗でした。二つ目の赤い洞門を抜けると山熊田に着く。生業の里前で一休みする。谷間にわずかな田圃があり、田植えの準備が進んでいました。
金剛川沿いの道を歩き大日峠へ向かう。道路の両側には私の好きな蕨や蕗が美味しそうに自生していました。大日峠からは谷間に残雪を抱いた摩耶山がとても素敵に見えました。その姿を何枚かカメラに収めた。雷集落の旧学校から県道52号線を右へ進み雷峠につき一休みする。
ここから少し歩き鼠ヶ関川沿いの国道345号を左に歩く。小名部手前までは一車線の山道で拡幅工事は行われていなく、集落も見当たりませんでした。小名部からは南側に堀切峠、北側に角間台峠があり、出羽街道のなごりが残っている。小名部集落の自販機で一服して鼠ヶ関へ向かう。国道7号に出て鼠ヶ関の街中を歩く。駅の手前で新潟県と山形県の境標を発見した。伊呉野と鼠ヶ関の街並みが繋がっている所にある境標である。
18:20鼠ヶ関駅に着き、電車の発車時刻を確認し近くの酒屋でビールを買う。18:37発の電車に乗って車内から日本海に沈む夕日を眺めながら美味しいビールを飲んで11:30歩いた今日一日を振返った。
記録:村上市下鍜屋125-4
小池 信吉



画像

大日峠から摩耶山

画像

雷峠

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大日峠を歩く   5月17日  〜 S/K 村上の野歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる